PK-Bowl | ARCHITECTMADE

PK-Bowl

PK-Bowl

Sculptural design

1963年、ポール・ケアホルムはフレデリシア市庁舎の内装を手がけた際に、重さ250kg の黒大理石を用いPK-600をデザインしました。当時彫刻と機能性が融合したこのオブジェは大変な話題を呼び、その後、ケアホルムは一般家庭用に御影石を用いたPK-Bowlをデザインしました。四角と円、なめらかな仕上げが施された円の内側と外側の荒削りな仕上げは、女性らしさと男性らしさの対比を象徴しています。

More information

材質
黒御影石
サイズ
L15 W15 H7 cm

Keep in touch
Roholmsvej 10A2620 AlbertslundDenmark • Tel +45 20 30 60 23info@architectmade.com